埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

住宅の購入についてやグッドデザイン賞を受賞した家について

デザイナーズハウスのメリットについて知ろう


住宅を購入する時には大きく分けると建売とデザイナーズハウスの2種類が存在しています。どちらも基本的には新築になりますが、建て方が異なります。建売は基本的に既に建っている状態の家を見学してイメージに合ったら購入をするという内容です。しかし、デザイナーズハウスは更地の状態から家を建てていきます。更地の状態から建てることによって様々なメリットがあると言われているので、ここではどんなメリットがあるのかについて具体的に紹介します。
まず1つ目はデザイン性に優れた家を建てることが可能だという点です。基本的にデザイナーズハウスは更地の状態からデザイナーなどと話し合ってどんな家にしたいか決めていきます。一から決めることができるので、例えば和風でモダンな家をつくりたいという要望にも応えられますし、他にはない個性的な形にしたいという要望にも応えることができます。デザイナーズハウスでしか対応することができないデザインの家を建てることができるので魅力的です。
続いて2つ目は比較的厳しい条件の土地でも建築が可能になる場合もあります。例えば家が建てられそうな大きさの土地ではないという場合や、形が複雑で家を建てるのが難しいなど様々な条件がありますが、デザイナーズハウスなら素人では考えられない解決策を生み出してくれるので、諦めかけていた土地での建築が可能になることもあります。
続いて3つ目は意外とコストがかからないメリットもあります。人それぞれ予算は異なるかと思いますが、予算を決めてから家を建てたいと思っている人はデザイナーズハウスを検討するといいでしょう。なぜデザイナーズハウスが良いのかというと一から建築していくので、予算も調整しやすいからです。建売の場合は初めから必要な費用が書かれています。その為、予算よりもオーバーしているとなってしまうと購入することができません。しかしデザイナーズハウスなら初めから決めることができるので予算を調整することができ、できる限り費用を抑えるということにも対応してくれます。このように、デザイナーズハウスならではのメリットは色々あります。ここで説明したメリットに当てはまるという方はデザイナーズハウスでの建築について検討するといいでしょう。

デザイナーズハウスで失敗しないための伝え方


デザイナーズハウスで失敗しないためのポイントとしては、デザイナーと依頼主のイメージを合わせることです。しっかりとイメージと合わせることでイメージ通りの住宅を建てることができます。では、具体的にどんなことが必要なのかについてここでは紹介します。まず大切なのがイメージはできる限り具体的な形で伝えるようにすることです。例えば人それぞれ捉え方は異なり、開放感がある空間と伝えても人によっては天井を高くすることをイメージしたり、また大きな緑側のある部屋をイメージしたりする人もいるでしょう。頭の中にあるイメージを伝えることも重要ですが、それだけで伝えようとしてもお互いのイメージを合わせることは難しいので、失敗しないためには例えば住宅雑誌などでイメージに近い家のデザインを見て説明したり、お気に入りの写真などがあったりする場合はそれをピックアップして伝えるという方法もいいでしょう。言葉も大切ですが、ビジュアルの方が重要になるので、具体的に説明するためにもビジュアルで具体的なデザインを伝えるといいでしょう。
また、その他にも今住んでいる家の暮らしを見てもらうのも重要です。なぜ今の暮らしが重要なのかというと、新しい家を建てる時に例えば家具のサイズが合わなかったとなる場合もありますし、キッチンなども大きさが合わなかったとなる場合もあります。今の生活で快適な部分などは取り入れることでさらに快適に暮らせる住宅となるので、今の暮らしを見てもらうというのも失敗しないためには重要です。このように、重要な部分もいくつかあるので、特にここで説明した2つのポイントについては失敗しないためにも考えた方がいいでしょう。

グッドデザイン賞を受けたハウスの展示場に参加しよう


将来的にデザイナーズハウスで建てたいけど、どんな家にしたいのかあまりイメージが湧かないという方もいるでしょう。建てる前にはどんなイメージにしたいのか具体的にしておくことが重要になりますが、イメージを立てやすくするためにはグッドデザイン賞を受けた住宅をチェックしておくといいでしょう。ハウスメーカーによってはグッドデザイン賞を受けた住宅を展示場に用意しているところもあります。
展示場は申し込みをすれば自由に参加することができるので、写真では見ることができない質感や居心地を実際に体感することが可能です。グッドデザイン賞を受けた住宅なら素人では思いつかないような発想があったり、個性的なデザインがあったりなど魅力的な部分が多く参考になるので、どんな家にしたいかまだ分からないという方は一度展示場に行ってみるといいでしょう。