埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

ローコストでかっこいいデザイン住宅を手に入れる方法

デザイン住宅とは


近年は家で過ごす時間に注目が集まっています。昔は一人暮らしの人を中心に家は寝るための場所という考えがあり、住む場所を軽視する傾向がありました。しかし、家というのはリラックスした休む場所であり、英気を養う場所でもあります。さらにファミリー世帯であれば家族団欒の場所ともなる空間です。
最近では、昔よりも家族で過ごす時間や一人で過ごす時間の見直しがされており、家での充実した時間を求める人が増えています。家が過ごしやすい環境であれば、いるだけでストレスが解消できたり、外に出なくても家で楽しむことができ節約効果があったり、生活に潤いが出たりとメリットがたくさんあります。
このように家での過ごし方に注目が集まる中で人気を集めるようになった住宅がデザイン住宅です。家というのは一生に一度購入するものであり、何度も購入のチャンスがあるものではありません。そこで、自分の理想と思える家を購入しようということで、自分の希望を全て詰めたものであり、なおかつデザイン性の高いカッコ良い家を建てようとして誕生したのがデザイン住宅です。
デザイン住宅は明確な定義があるものではありません。自由度の高いものであり、自分たちが作りたいと思っている住宅を作っていくことが基本となっています。限られた地区面積や予算といった条件の中で、可能な限り自分たちの理想を実現していくというのが基本であり、家を作っていく楽しさが詰まっていると言えます。このように言うととても費用がかかるものであると思われがちです。しかし、自由度が高いからこそローコストで建てることを優先順位の上位としている人もおり、最近では見た目はおしゃれな建物であってもその建築費用は一般的な住宅と同等であったりそれ以下であったりする物件も増えています。

デザイン住宅のメリット


デザイン住宅のメリットと言えば、自分の住みたい家を実現できるという点です。建売物件と違い図面の段階から建築士やハウスメーカーと相談をしながら作っていくことができます。そのため間取りから壁紙まで全てのことを自分たちの理想通りに作り上げていくことができるようになっています。
ゼロから作っていくために自分たちの好みを最大限活かすことができ、なおかつオリジナリティのある物件を建てることができます。和と洋を合わせたり、自分の好みのテイストに仕上げたり、部屋によってテーマを決めて様々なテイストをミックスしたものにしたりと、好きなものに仕上げることが可能です。一般的な建売物件というのは汎用性が高く、多くの人に好まれるデザインになりがちであるため個性が薄いことが多いものですが、デザイン物件であれば住む人の自由で作ることができるため、世界に一つだけの家を作り上げることができます。
そして意外なメリットとして、実はローコストな物件が多いということが挙げられます。家というのはこだわり始めたら際限なくこだわることができ費用をかけることができます。そのためデザイン物件についても費用を高くしようと思えばどこまでも高くすることができます。
しかし逆に考えると、自分たちで全てを決めることができるということは、予算を決めてそれに合わせて家を作っていくこともできるということです。予算をあらかじめ建築士やハウスメーカーに伝えた上でデザインを組んでいくことができるため、予算の範囲内で建築していくことが可能になります。予算を確認しながら相談をすることができるので、実現できる加工や使える資材といったものもある程度事前に絞った上で話し合いを進められます。

ローコストでデザイン住宅を建てる工夫


せっかく家を建てるならば自分の希望通りのものを建てたいと思うのは当然のことです。しかし、実現したいものを何でも取り入れてしまうと、必ず多くの費用が必要となります。せっかくの家づくりなのでこだわりたい気持ちがあるのは当然のことですが、加減を考えて費用との兼ね合いをきちんと考えるようにすることが大切です。多くの場合、現金で一括購入をするのではなくローンを組んで家を購入します。その際にローンを組める金額には限りがあるので、その点でも際限なくお金をかけるのではなく予算を理解しておくことが重要です。
このように考えるとお金をかければ良いわけではないということが理解できます。建てたい物件をローコストで建てることができることは、長期的な視点で見ればローンの金額を抑えることができることにつながるため、メリットが高いと考えられます。そこでローコストで建築ができる方法がないかということもしっかりと考えておきましょう。
ローコストに抑えるためにはたくさんの物件を見てアイデアを得ることと、色々な工務店やハウスメーカーに相談をすることがポイントです。自分が得た知識とハウスメーカーが持っている知識や資材ルート、工法とを合わせていけば、費用を抑えるための方法が見えてきます。特に複数のハウスメーカーと比較や検討をすることは重要なことです。相場が理解できますし、妥協点や工法、資材の変更といったものについても決めていきやすくなります。
ただし、あまりにもローコストで工事ができるという場合には注意が必要です。安かろう悪かろうの心配がありますし、手抜き工事やトラブルが起きる心配もあります。きちんとコストが抑えられている理由に納得のできるハウスメーカーを選択するようにしましょう。