埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

バイク好きでガレージハウスでの生活に憧れている方のために

バイクが好きでガレージ付きの住宅に憧れを抱いている方へ


皆さんの中には、バイクに乗っていて、インナーガレージのある住まいで暮らしたいとお考えの方がいらっしゃるかも知れません。ガレージの中では、バイクの整備をすることもできますが、そうではなく、単に、リビングからインナーガレージとバイクが見えるだけでも、本当に素敵なのではないでしょうか。ガレージハウスにもさまざまなバリエーションがありますが、その中でも、バイクガレージは本当に見栄えのするものと言えます。また、大きめのインナーガレージを設置して、車とバイクを一緒にとめておくのもおすすめの方法です。とは言うものの、家を建てた後からインナーガレージを作るためには、多くのコストや時間、エネルギーを負担しなければなりません。こちらの問題を解決するためには、インナーガレージの設置は、住まいを新築するに際して検討することをおすすめします。
これから、ガレージ付きの注文住宅を建てるにあたっては、モデルハウスを見学しに行くのもおすすめの方法です。ただし、ガレージ付き注文住宅のモデルハウスは、なかなか目にする機会が少ないので、事前に情報収集を行い、間違いがないことを確認してから現地へ出向くようにすると安心です。
ガレージ付きの住宅には、車の保管に適しているのはもちろんのこと、その他にもさまざまなメリットがあります。この先住まいを新築するのであれば、インナーガレージの使用方法についても理解を深めておくことをおすすめします。

インナーガレージのある住まいのメリットとは?


ガレージハウスには、車の保管以外にもいろいろな利用方法があります。例えば、雨や雪が降っている日でも、インナーガレージの中であれば、濡れずに車やバイクの乗り降りをすることが可能になります。特に、子どものいる家庭では、子どもをチャイルドシートに乗せる時の負担を軽減するためにも役立ちます。また、シャッターが閉まった状態で車の乗り降りをすることができるので、子どもが車から出た後、道路に飛び出してしまう心配もなく、思わぬアクシデントが発生するリスクも低くなるというアドバンテージがあります。
次に、インナーガレージのある住宅を建築するにあたっては、ガレージを設置する場所にも気を配ることが大切です。例えば、洗面所の近くにガレージがあると、車のメンテナンスを行って汚れたり、子どもが外で遊んだ後、汚れて帰ってきたりした時にも、すぐに洗ってきれいにすることができます。また、玄関と行き来のできる場所にガレージを設置すれば、土間収納のように使用することが可能です。そして、リビングルームの横に配置し、窓を設置すれば、リビングからガレージを眺めながら、優雅な時間を過ごすことができます。
そのように、ガレージ付きの注文住宅を建築するにあたっては、一人ひとりの施主が思い描いているさまざまなイメージを、現実のものとすることが可能になります。こうした魅力のあるガレージ付き注文住宅に興味・関心がある場合は、専門の業者に問い合わせをしてみると良いでしょう。

ガレージハウスを建築する前に、その利点と注意事項を理解しておこう


この先、ガレージハウスを建築すれば、さまざまなメリットを期待することができます。例えば、車やバイクが好きな人にとって、住宅の中や敷地内にガレージがある生活は、楽しいものと感じられることでしょう。また、ガレージや窓の設置場所に気を配れば、リビングから車やバイクを眺めるなど、目で見て楽しむことも可能になります。
そして、車やバイクを頻繁に使用する人にとっては、実用性の高い住宅でもあります。屋外に設置された屋根のないガレージと違って、インナーガレージを利用すれば、車やバイクが雨に濡れるなど、自然条件の影響を受けて傷んでしまうリスクが低くて済みます。さらに、自宅の敷地外に設置されたガレージと比較して、車やバイクのいたずらや盗難などの被害に遭うリスクが低いというメリットもあります。
当然のことながら、駐車場を借りる場合には、それなりの費用を負担する必要があります。特に、駐車場の利用料金が高額に設定されている地域では、経済的な負担が重くなります。このような場合には、駐車場を借りるのをやめて、浮いた分のコストを活用してインナーガレージを設置するのもおすすめの方法です。その他に、雨の日の子どもの遊び場としたり、バーベキューをしたり、ごみを分別して仮置きする場所としたりすることも可能になります。
一方で、ガレージ付き住宅には、建築する際のコストがかさむことや、入出庫の際に運転を失敗してぶつけると、車やバイクだけではなく住宅にもダメージが加わること、税金が高くなるなどのデメリットがあります。また、インナーガレージを設置することで、他の居住スペースが狭くなり窮屈に感じてしまう可能性もあります。こういった点も考慮しながら検討することも大切です。