埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

ガレージハウスの設計について


ガレージハウスを設計した方がいい条件とは?



一戸建て住宅は注文住宅にすれば様々なタイプの家を完成させることができます。人それぞれ好みなどで選ぶことが多いですが、中にはガレージハウスの設計をするかで迷っている方もいるでしょう。実際に設計した方がいい条件なども存在するため、迷っている方のためにもここでは建てた方がいい条件とは何かについて述べます。

まず1つ目は車やバイクなどを大切に保管したい場合です。基本的に一番実用的な使い方としては車やバイクなどを保管することにあります。実際にガレージハウスにすることによって雨や風などの影響を受けることはありません。そのため、天候が悪くても車やバイクを綺麗な状態で保管しておくことができます。また、盗難など被害も減るので魅力的です。基本的に建物の外に保管しているのと中に保管しているのとではセキュリティ対策も中に保管している方がしっかりとしているので盗難の被害に遭いにくくなります。車やバイクを守りたい人は設計について考えてみるといいでしょう。

続いて2つ目は周辺エリアの駐車場代が高い場合です。例えば都心部では狭い土地に家を建てなければならないことも多々あります。この場合に駐車場を設置してしまうと家がさらに狭くなるため別の駐車場を借りて車を保管するという家もあります。しかし、都心部だと駐車場の料金も1カ月で数万円以上かかるのが当たり前であるため、払い続けるのがもったいないと思っている人はガレージハウスを検討するといいでしょう。実際に家の中にガレージを取り付けることになるため、例えば3階建てなどにすれば家が狭くなることもありません。駐車場代も払う必要がなくなるため魅力的な方法です。

このように設計した方がいい条件について少し説明をしましたが、それぞれ地域や土地などの環境で変わります。特にここで説明した内容に当てはまっているという家庭は検討した方がいいでしょう。



ガレージハウスを設計する上で考えたいこと



ガレージハウスは基本的に専門業者に依頼すれば設計まで全てやってくれますが、ある程度依頼する側も知識を身につけておいた方が安心であるため、その中でも注意したいことについてここでは話します。

まず1つ目に考えたいポイントはガレージの幅と奥行きの寸法です。例えば今は1台しか車が無くても後に2台に増える可能性がある場合には2台分とめることができるように考えなければなりません。2台に増える可能性があるなら専門業者にも伝えなければならないため、依頼する側も奥行きと幅にはこだわって決めた方がいいです。奥行きは車によって大きさが変わるため重要です。奥行きが狭いと、車が駐車できない、歩くスペースがないという問題が出てくる可能性もあるため、チェックしておくといいです。また2つ目は高さについても考えなければなりません。例えばセダンタイプやスポーツカーなどならそれほど天井が高くなくても問題なく駐車できます。しかし、高さがある車の場合は天井までの高さの寸法にも気を付けなければなりません。また今後高さのある車を乗る可能性がある場合には予め高めに設定して依頼するといいでしょう。次に3つ目はシャッターについて考えることです。例えば人によっては安く抑えるために手動式にする人がいますが、手動は上げ下げに時間がかかり、毎日手動で作業するのは大変です。できる限り自動的に開閉をしてくれるタイプにした方がストレスもなくなるでしょう。その他にも4つ目はガレージからの動線も気を付けてましょう。基本的にガレージからリビングに向かうまで動線が悪いと使い勝手が悪いガレージハウスになります。動線はしっかりと考えなければならないため、設計士にしっかりと相談して希望通りの動線にしてもらいましょう。

このように、考えたいことはいくつかあるため、失敗しないためにも依頼する側もある程度知識は身につけた方がいいです。



ガレージハウスは設計の得意な専門業者に依頼しよう



ガレージハウスがあるデザイナーズ住宅をつくりたい場合は専門業者に依頼をすることになりますが、専門業者ならガレージハウスが得意とは限りません。事前に得意不得意は調べてから依頼することが大切であるため、ここでは専門業者の選び方について紹介します。

まず選ぶときにはガレージハウスの実績があるかどうかのチェックをしておくことが大切です。例えば今までにどのくらいのガレージハウスを作ってきたのかをチェックするだけで得意不得意が分かります。できる限り安心して依頼をするためにも実績が豊富にある専門業者を選ぶようにしましょう。

また、展示場でガレージハウスを見ることができるかもチェックしておきましょう。展示場があればどんなガレージハウスを設計できるのか一目でわかります。実際に見て決めることは大切であるため、なるべく展示場がある専門業者に依頼をするといいです。