埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

ガレージハウスのメリットや間取りについて

ガレージハウスのメリット


注文住宅を選択すれば様々なデザインのマイホームを手に入れることができます。魅力も多いので実際に注文住宅を選ぶ人は多いです。人それぞれ好みが異なるので理想としている家は違いますが、その中でも人気があるのがガレージハウスです。検討している人もいるので具体的にどんなメリットがあるのかを紹介します。
まず一つ目は敷地を有効活用することが可能だということです。限られた敷地を無駄なく使用することができるのが特徴的で、特に都心部など土地が狭いところに家を建てる時には駐車スペースを確保すると家自体がとても狭くなることがあります。それを避けるためにはガレージハウスを選ぶとメリットが多いです。家を狭くすることなく、一階部分に駐車場を設置できるので、敷地を有効活用することができます。
続いて二つ目は盗難や風雨などから車やバイクなどを守れるというメリットがあります。ガレージハウスは基本的に駐車場が家の中にあるのが特徴的なので、鍵を開けたりしない限り盗難に遭うリスクは低いです。また、自然環境に関しても雨や風などで車やバイクが傷付いたりする可能性もありますが、建物の中にあれば影響を受けません。車やバイクにおける様々なトラブルを未然に防ぐことができるのは魅力的です。
また三つ目は雨にぬれずに乗り降りすることが可能です。駐車場が家の外にあると家に入るまでに衣類や買い物した荷物がぬれてしまう恐れがあります。しかし、ガレージハウスなら家の中に駐車場があるのでぬれません。車から降りたらそのまま家の中に入れるので便利です。続いて四つ目は車やバイクをインテリアとして置くことができる点です。リビングから車を眺めたい場合にはガレージハウスが適しています。つくり方によっても異なりますが、注文住宅ならリビングの隣に駐車場を設置することも可能です。駐車の仕方次第では家の中に車があるような感じになりインテリアとしても活用することができます。
またその他にも五つ目は車やバイクが汚れないのも魅力的です。例えば屋根がない駐車場だと鳥のフンや虫などによりボディーが汚れてしまうこともありますが、ガレージハウスなら家の中なので汚れる心配もありません。車やバイクをなるべくきれいな状態で保管したいと思っている人はガレージハウスでマイホームを建てることを検討するのも方法の一つです。実際にこのようなメリットがあるので、よく考えて建築会社にも相談してみるといいでしょう。

ガレージハウスの間取りで失敗しないコツ


ガレージハウスを購入する時にはまず住みやすい間取りにしたいと考える人も多いです。もし間取りで失敗をすると暮らしやすさが低下する恐れがあるので、コツを紹介します。
コツの一つは収納も考えることです。間取りと聞くとリビングの位置や子供部屋の数などを真っ先に考える人も多く、収納を見落とす人は少なくありません。しかし実際は収納スペースは暮らしやすい住宅にするためには必要なことの一つです。例えば玄関やリビングにコート用クロゼットを設置しなかったことで、毎回リビングのソファーやダイニングの椅子にコートを掛けている人も珍しくありません。当然、コートを椅子に掛けたりソファーに置いていたりすると見た目が悪くなり散らかる原因になります。このように収納スペースを適切に設けないとお部屋が散らかる原因にもなるので、お部屋の数やリビングの位置と同様に収納スペースの位置やスペースの広さなどを考えましょう。
その他の間取りのコツとしては、お部屋の広さです。お部屋は広すぎても狭すぎても住みにくくなる可能性があります。例えば和室が狭すぎると少ない来客でも狭さを感じさせてしまうことになります。また、リビングなどは広々としたスペースに憧れる人もいますが、夏や冬は冷房や暖房をかけることを考えると、広いリビングは開放感がありますが、冷暖房の効率が悪くなることもあるので電気代に大きく影響することも珍しくありません。ご家庭に合った適切なスペースの広さの間取りを選択するようにしましょう。

業者選び方のポイントを知る


ガレージハウスの購入を検討している人の中にはどのような業者を選択すればいいのかわからない人も多いでしょう。選び方のポイントとしては、展示場に足を運び実際に業者のスタッフに対応してもらい対応力があるかどうかを確認することが大切です。
展示場を開催している業者は少なくありません。展示場ではその業者のスタッフからお話を聞けるので対応力も知ることができます。また、質に関しても知ることができます。展示場では実際に業者が作ったガレージハウスを見ることができます。そのため、どのようなものなのかを確認して選ぶことも可能です。
また、施工事例を確認することも業者選びの際のポイントです。例えば、施工事例集を見れば今までどのような住宅を設計、建築してきたのかを知ることができます。ホームページから資料の請求を受け付けてくれるところもあるので、依頼をする前に施工事例集を取り寄せてみるとよいでしょう。