埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

インテリアなどにこだわったデザイナーズハウスを建築するには


和の心を継承してライフスタイルをデザインすることの大切さについて



古き良き時代の日本情緒が漂うインテリアなどの魅力がある、デザイナーズハウスを建築したいと考え人もいるのではないでしょうか。 日本人である以上、我が国の伝統的な住まいの考え方を持ち続け、次の時代へと継承するのは大切なことと言えます。欧米の住宅には、装飾を重んじた「足し算の文化」が多く見受けられます。それに対し、日本では、古い時代にしっかりとした礎が築かれており、それに向かって無駄なものをそぎ落としてゆこうとする「引き算の文化」が尊重される傾向にあります。

また、日本的なたたずまいの住居には、四季の移り変わりが肌で感じられ、自然との結びつきを大切にしているという魅力があります。私たち日本人の心の奥深いところには、そのような住まいにしっくりとなじむ感性があるため、どことなくノスタルジックな気分に浸ることができます。

これからデザイナーズハウスを建築するのであれば、地域の気象条件や風土にマッチしたプランを作成し、実践することが大切です。そのような住まいづくりの知恵は、たとえモダンな造りの家であっても、古い時代から日本人の根底にあり、現代に継承されています。住まいは、人が一生の中で一番長い時間を過ごす場所で、人とのコミュニケーションや、プライバシーの保持、癒やしなど、さまざまな恩恵をもたらしてくれます。この先デザイナーズハウスを建築する場合には、それぞれの家庭の適性やニーズ、希望条件に合ったプランを提案してくれる業者を利用することも選択肢の一つです。



これからデザイナーズハウスの建築を依頼するにあたって気を配りたい事柄



デザイナーズハウスの購入を検討しているのであれば、住まいづくりを依頼する業者の選び方もチェックポイントになります。中でも、デザイナーとインテリアコーディネーターが、妥協を許さない住居スペースを提供してくれる業者は、利用価値が高いと言えます。こちらは、インテリアにこだわりを持っている方にも、おすすめの業者になります。

また、ひと口に「住まいづくり」と言っても、住まいづくりのデザインでこだわりを持つ条件は、人それぞれに違いがあります。そのような状況の中では、しかるべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切です。

例えば、間取りのデザインを考える場合には、暮らしやすい環境を作るというイメージでプランを作成するのが基本になります。せっかくデザイナーズハウスを建築するのだからと言って、格好良さやかわいらしさといった条件だけに気を取られて住まいづくりの計画を立てると、後になってから悔やむことになるリスクもあるので、注意する必要があります。そのような失敗をしないために、まずは部屋の広さや雰囲気、動線、日照条件などに気を配りながら、快適性・利便性の高い間取りをデザインするとよいでしょう。

これからデザイナーズハウスの建築を予定しているのであれば、エクステリアとインテリアのデザインもチェックポイントになります。こちらの問題については、業者に依頼するのに先立って、家族内で意見を出し合い、イメージや雰囲気などをある程度決めておくとスムーズです。



注文住宅と分譲住宅の違いについて知りたい方はこちらをチェック



ところで、デザイナーズハウスに限った話ではありませんが、住まいを購入するということは、人生におけるビッグイベントの一つです。一般的な消費者が購入することのできる住まいには、大きく分けて、注文住宅と分譲住宅があります。

その内、注文住宅は、自由度の高いスタイルで住まいづくりのプランを作成することができるという魅力があります。こちらは、こだわりのデザイナーズハウスを手に入れたいと考えている人にとっても、魅力的なポイントと言えます。

分譲住宅の場合、基本的に、すでに完成している建物を見学して、購入する物件を比較検討することとなります。そのため、比較的リーズナブルな価格で販売されているという魅力がある反面、住まいづくりの自由度は下がってしまう傾向にあります。その一方で、注文住宅の場合には、インテリアの細かい部分まで、一人ひとりのこだわりを反映させた住まいづくりを実現することが可能です。

また、注文住宅の場合には、それほどこだわりのない部分の施工費用を低く抑えることにより、予算を調整することができるというメリットもあります。こちらの利点を活用して、無駄を省いたプランを作成し、実行に移せば、コストパフォーマンスに優れた住まいを手に入れることが可能になります。

住まいづくりのプランニングをするにあたって、予算などの面で疑問や不安がある場合には、専門の業者に問い合わせや相談をしてみるのも良いでしょう。そのような場面では、気軽に質問や相談を受け付け、一人ひとりの顧客にマッチした回答やアドバイスをしてくれる業者を利用すると信頼できるのでおすすめです。